川越市の女性税理士が相続問題を円満解決生前に行う相続対策は「節税対策」「納税資金の確保」「争族対策」生前贈与として生命保険を活用した納税資金の確保

コンテンツ

生命保険を活用した納税資金の確保

生命保険は相続の生前対策において、納税資金の確保として多く活用されます。また、非課税枠が設けられているため、節税効果もある非常に有効な方法です。

 

生命保険の非課税限度額

生命保険の非課税限度額

生命保険を活用した納税資金の確保

相続財産の中に現金が少ない場合、事前に生命保険に加入していれば、受け取る生命保険金を相続税の納税資金に充てることができます。

生命保険の非課税限度額 事例

生命保険の非課税限度額 事例

このような場合、受け取った保険金には相続税は、一切掛からず2,000万円は納税資金に充てる事ができます。

生命保険を活用した節税対策

生命保険の非課税限度額は【500万円×法定相続人の数】ですので、非課税限度額までは相続税の対象とはなりません。保険金が非課税限度額までは、最低限加入すべきだといえます。

生命保険の非課税限度額

生命保険の非課税限度額